きもの選びは友達探し、あなたの笑顔に癒される by かずまさ

目次はこちら(今までの記事一覧)

第871号 2015年7月7日「テレアポ No.6」

店にいると、営業の電話がよく掛かってくる。『社長はおられますか?』とか、『〇〇の担当の方はおられますか?』とかから始まり、上手な口調で話される。ほとんどは、『いません!』と言って電話を切る。店舗名を言ったところで、『社長はおられますか?』と尋ねてくるところをみると、こちらが中小企業だということをわかって掛けてきているのだろう。
当店もテレアポをしているが、ほとんどが個人のお宅。当店に掛かってくる営業電話と同じ調子で、『奥様はおられますか?』と尋ねても、相手は『いません!』と、たとえ在宅であったとしても答えるのだろうなあ。
何度も何度も掛けてくる業者もある。夜の9時を過ぎていたり、朝早くだったりした時には、良い気持ちでの応対はできない。立場が変われば、対応も変わる。車の運転者の立場に立った時と歩行者の立場に立った時の心理と同じだ。
暗い気持ちであったり、嫌々電話をしていれば、それが相手に伝わると思い、なるべく明るく電話するようにしているが、これが難しい。プロの方のテレアポはさすがにスマートでいい。そうなりたいと願うが、なかなかなれるものではない。
30年ほど前は、電話ではなく、名簿を片手に地図を広げ、軒並み訪問した。雨の日などは、とても嫌だった。
訪問販売は、相手の顔が見えるので、気持ちが直接伝わってくる。相手も、直接こちらの姿を見て評価できるわけだから、それはそれで厳しく辛い面もあったが、購入していただいた時の感激は、今以上のものがあった。
当店は、現在、新規訪問の営業活動は行っていないが、今でもそのような方法で商いをされている店もある。それには感心する。ただ、最近は、留守宅が多いので空振りに終わることも多いようだ。
自分の店の理念、サービス、商品内容等をお客様にわかっていただくのは難しい。どんな手法を取ろうが、底辺に『私は着物が好きだ!』という気持ちがなければ楽しい仕事にはならないし、お客様にも着物の良さは伝わらない。

ページの頭に戻る

第870号 2015年6月30日「カード社会」

当店が加盟している振袖21グループの例会に出席するため、京都へ出掛けた。
名古屋に戻り一週間が経った頃、京都の警察から電話をいただいた。驚いて財布の中身を調べてみて、その時初めて気がついた。クレジットカード類が4枚無い!新幹線のホームの売店でお茶を買った。きっと、その時に落としたのだろう。
届けてくださった親切な人に、お礼も言えない。次に京都へ行くのは一か月後の予定だから、それまでカードを受け取ることも出来ない。引き取りは代理人でもよいということを係の人が教えてくれた。指示された必要書類を知人に託して取りに行ってもらった。
悪用はされていないだろうと思いながらも、カード会社に紛失の届け出をし、再発行の手続きをした。電気・ガス・NTT等々の支払いもカード払いにしてあったので、これらの手続きも必要だった。
便利で簡単に利用できるカードだが、紛失した時のことなど今まで考えたこともなかった。信用の重大さを感じた。カード1枚で何十万円の買い物もできてしまう。初めての経験だったが、本当に運が良かった。
いろいろな方にご迷惑をお掛けしました。感謝しております。
===========================================
===========================================
振袖や着物の購入・レンタルの支払いに、カードを利用される方が多くなった。現金を持たないで買い物ができてしまう上、ポイントまで貯まる。貯まれば、また買い物ができる。
先日、そのカードを紛失して慌てたが、もし落としたり盗まれたりしても、警察に届け出さえしてあれば、万が一利用されても保険で対応できるという。紛失して初めて知ったことだが、そんな安心安全が、カードには付いている。
どんな支払いもカード払いという人がある。私は、新幹線・タクシー・食事・ホテル・ガソリンスタンド等に使用することが多い。カード払いにしておけば、自動的に通帳に記帳されることになるので、いつ利用したかもわかり、とても便利だ。接待などをすることは少ないが、仕事でいろいろお世話になっている人とたまに行く食事は、やはりカード払いにする。カードさえ持っていれば、現金は最小限持つだけで済む。
カードを失くした時、カード会社から新しいカードにしたほうがいいと勧めれられ、言われるまま作り直した。後日届く明細をチェックすれば、その月に利用したものが一目瞭然だ。法人カードなので、あらゆる支払いを自動引落にしてある。大変なものを落としたのだと事の重大さに改めて気づいた。

ページの頭に戻る

第869号 2015年6月22日「着たくなる日 No.2」

869我々着物業界の人間は、『着たくなる』ような商いをしているだろうか?経営者自身が着物に愛着を抱き、語り、商いをしているだろうか?商いは上手でも、その後のケアをまったくしない振袖専門店が多い。シミ抜きのこと、ヘア・メイク・着付のこと。
直線縫いの着物を曲線の体に綺麗に纏(まと)わせるには、まずは着慣れることが一番です。何度も着用しなくては、綺麗に着られるはずはないのです。
しかし、現代人は、着慣れるための練習などしません。だから、綺麗に着ることができないのは仕方のないことなのです。着崩れしないように補整具を用いて縛り付けるのです。苦しい思いをしたことだけが思い出となる成人式になってしまうのか?着付の上手な人に当たれば、そんな辛い一日を過ごすことなく過ごせるでしょう。そんな人も多くはいますが・・・。
成人式の前に一度でもいいから着用してみてください。歩き方や動きが洋服とは違うのだということが実感できます。それも、ただ着たり脱いだりするだけの練習ではなく、着装した状態でお茶をしたり、食事をしたり、散歩をしたりすればもっと着物に慣れてきます。そういう体験をしているうちに、着物を好きになり、『着たくなる』という気持ちになってくれればうれしいです。
『着たくなる日』のタイトルは奥が深い。しかし、日本人ならそんな体験をしながら着物を着用してほしいものです。理解できるようになってほしい。

ページの頭に戻る

第868号 2015年6月5日「着たくなる日」

数年前から取り組んでみたいと思っていた『着たくなる日』という振袖ブックを、ようやく今年取り扱うことになった。若い人に人気のMAGGYというモデルさんがメインに載っている豪華本だ。着物に興味のある人なら、いきなり捨てたりはしないだろう。
そのことについては次の機会に書くとして、タイトルの『着たくなる日』、このタイトルがとても気になるのだ。いったい誰がこんなタイトルをつけたのだろう?十数年前に名づけられたそうだが、おもしろい!飽きない!忘れない!何といっても、これを振袖ブックにつけたというところがいい。
未婚女性が、初めて正装として着用するのが振袖だ。もちろん、それまでの成長過程で、七五三や十三参りで着用した着物もあるだろうが、それらは大抵ご両親や祖父母が選んで着せてきた。だから、振袖が自分自身で選ぶ最初の着物となる人が多い。特に現代は、その傾向が強い。
成人というひとつの節目のセレモニーに、自らがセレクトした着物を着る。それが振袖なのだ。これはまさしく『着たくなる日』に着用したい私の振袖ではないか。憧れの着物だ。
自分が大人になった時、どんな女性になっているか?なっていたいか?誰もが夢見た理想の姿があると思う。小さな子供に『大人になったらどんな人になりたい?』と聞いた時、ワクワクしながら笑顔で答える。そんな子供たちの声が聞こえてきそうなタイトルだ。
ワクワク、ドキドキしながら振袖を選んで着用してほしい。そして、何度も長時間着てほしい。
着物を好きになってほしい。何度読み返しても飽きない童話のように。

ページの頭に戻る

第867号 2015年5月11日「テレアポ No.5」

9.11の再来か?それともハイジャック?最近、また恐ろしい事件(事故?)が起きた。
他人を巻き込むテロ行為は、まったく関係のない人の人生を奪い取ってしまう。やりきれないことだ。オレオレ詐欺で騙されてしまった人も同じだ。
テレアポをしていると、昔のような返事が来ない。まず名前を言わない。声が小さい。こちらが名乗ると対応が変わる人もあるが、以前のような返事が返ってくるのは商売屋くらい。防衛反応から、そんな対応になってしまうのだろうか?あまりより気分ではないが、こちらも勝手に、それも一方的に電話をしているのだから、相手がどう対応しようが、それについてとやかく言える立場にはない。
『新成人の方々に、振袖のことでお電話させていただいていますが・・・』
『勝手にしたら・・・』ガチャン!の人もある。
『どこで電話番号を調べたんだ?』このようなやり取りは何度もしているので素早く対応できる。
中には、とても18歳・19歳とは思えない口調で対応されるお嬢さんもいる。そのように育てた我々親世代が悪いのだが、これにはさすがに閉口する。
お客様側の立場と売る側の立場は、まったく反対なのだからお客様に喜ばれる対応をしなくてはいけない。売る側の人間が、そうでない対応をしたら・・・?
今は、『若い人は・・・』と注意するのではなく、褒めて育てる時代だ。どんどん褒めなさいということか?『おい!ハイジャック犯を褒めろというのか!?』これは極端な話。
わからんことが世の中いっぱい。

ページの頭に戻る

第866号 2015年5月4日「今どきの商い」

昨年は、消費税率引き上げの影響で、3月末までとそれ以降とでは、振袖販売にずいぶん違いがあった。
上がる前に成約しておいた方がいいと思うのは誰でも同じだ。その時に、27年成人の方はもちろんのこと、28年成人の方にも照準を合わせるべきだった。当店は、一昨年と同じ宣伝方法を通していたので、その頃、28年成人には積極的に宣伝活動をしておらず、何事にも出遅れた感があった。
平成29年成人に対して、大型振袖レンタル店などは、すでに、この3月からDMを本格的に郵送し始めている。それに煽(あお)られ、我々のような中小振袖店もゴールデンウィークに合わせてDMを郵送するところもあったと聞く。こんなにも早くからテレアポやDMが送られてきたら消費者も驚く。現に、『まだ商品はありますか?』と言って来店される28年成人のお客様もあるのだ。
28年に成人式を迎えるまでには、まだ8ヶ月もある。草稿から始めるわけでもあるまい。既製品選びのために、早い方では、2年以上も前に『もう遅いですよ!』と煽られて購入させられてしまう。購入ならまだしも、レンタル品の成約も同じでは何かおかしい。『厄払いのため』・『お茶会』・『結婚式への参列』など、何かほかに使用目的があるのなら、早く用意しておくことも必要なのだろうが。
そう言いながら、当店もその潮流に乗り遅れないよう対応はしている。
これから、ますますITの時代となってくる。そして、どんどん名簿は入手しにくくなる。そうなれば、業者間のDM合戦も少なくなってくるだろう。それまでは、仕方のないことなのかな?とも思う。
今の若いお嬢さん方は、ネット検索で商品をチェックして、日本中どこからでもお気に入りの品を探す。そんな人が多くなったとも感じる。

ページの頭に戻る

第865号 2015年4月27日「テレアポ No.4」

865あるご家庭に振袖のテレアポをしたら、電話に出られた方が『そんな子はいないよ。』と言われた。どうやらお父様のようだ。『〇〇さんですが・・・』と話すと、『その子はイギリスにいて、もう戻ってこないだろう。だから着物はいらない。これからは世界に出て生きる時代だよ。』と続けられた。確かにそうかもしれない。
休日に電話をしたら、大人顔負けの応対をするご本人もいた。迷惑電話とは思わないのか、いろいろ話を聞いてくれたが、最後に『母がいる時に電話してください。』と。こんな子が営業に回ったら、さぞすごい成績を上げてくれるだろうと思った。いや、よほど好きな仕事に当たればそうかもしれないが、果たしてそんな仕事が見つかるだろうか?
65歳にもなると、表も裏も考えるからダメですね。感心して女房に話すと、『それでも、おれおれ詐欺の被害が増大しているのよ。』 それ以上の上手(うわて)がいるということか。『ボケ老人が引っかかるんだろ?』 『あなたもボケ老人の一人じゃない!』 もうめちゃくちゃ。
先日は、おじいちゃんと30分近くも話し込んでしまった。時間潰しの相手と思ったのかな?ご夫婦で孫の面倒を見ているそうだが、奥様は認知症にかかっていて、孫とは振袖の話などしていないから欲しいのかどうかわからないそうだ。周囲の人と同じような成人式を迎えさせたいのだが・・・とのことだった。
テレアポをしていると、いろいろな家庭の事情を垣間見ることになる。

ページの頭に戻る

第864号 2015年4月7日「洗い張り No.5」

昭和20年以前の女性の平均身長は140cm台でした。それを思うと、日本人の身長はずい分高くなりました。
なぜ、そうなったのか?昭和20年といえば終戦の年です。戦後、アメリカ軍の指導の下、生活が一変しました。食料がなく、食べるものを集めるのに苦労した時代でもあります。そんな中で、米とみそ汁の食事が、パンと牛乳に変わりました。
我々の年代の学校給食といえば、脱脂粉乳とパンです。脱脂粉乳は、とてもおいしいと言えるようなものではなく、鼻をつまんで飲んでいる同級生もいましたが、次第に慣れました。こんな食生活が、身長を高くしたのです。現在と比較すると、10cm以上も高くなりました。
背が高くなれば、身丈も裄(ゆき)の長さも違ってきます。反物の巾も、昔のものより広くしなくてはいけません。実際、この30~40年の間に、特に振袖は、幅広の品に変化しました。
昔は、子どもでも着物を着用する習慣がありました。正月にはウールアンサンブル、夏は浴衣。しかし、今は成人式まで着物を着たことのない日本人が増えました。
そういう方たちは、洋服感覚の裄の長さを要求されます。着物には普通50cmほどの袖がついています。茶道などをしたことのある方ならおわかりいただけると思うのですが、何かを取ろうとすると、その袖がジャマになります。慣れていない人だと、袖を汚してしまいます。
おばあさんの着物を洗い張りして作り直そうとしても、お嬢さんが望むようなサイズにすることはできません。いっぱいまで広げて作っても、それでも短いと言われるお客様があるのですが、そんな方には、着物を着て生活してみることをお勧めしたいです。短い方が便利だということを実感しますよ。昔は、そんなに広い巾の着物は必要なかったのです。

ページの頭に戻る

第863号 2015年3月24日「個人情報保護法 No.10」

個人情報保護法が施行されてから10年近くになる。それについての話は、今までに何度も書いてきた。
名簿業者によって、所有している名簿の精度に多少バラツキはあるものの、古い情報の名簿がたくさん含まれていることは間違いない。転居した人等を削除していけば名簿の人数は減っていってもよさそうなものだが、平成29年成人の名簿は、逆に増えている。前年のものと比べて、3割も増えているのだ。業者同士の情報交換による結果なのか?
今年も、1回目のDM送付で3割以上の戻り(あて先不明によるもの)があるだろうと見込んで名簿を購入した。
先日、レンタルのお客様から、「なぜ、こんなに早くから用意が始まるのか?」と聞かれた。昨年について言えば、消費税アップの前に、と1年8ヶ月以上も前に成約されたお客様もあった。一方で、その成約された方と同じ年に成人式を迎える方たちに、未だにDMを送り続けている。おかしな状況です。
昨年の1月・2月は、例年通りご成約者が多かった。テレアポをした時の感触とは違い、これから本格的に振袖選びをされるお客様も、まだたくさんいらっしゃるのだと感じた。しかし、予想通り、5月からはいつもの年とは違って厳しい商いでした。当店が、28年成人の名簿を購入したのは昨年の6月。ほかの振袖店から言わせると遅かったのです。もちろん、消費税の影響もあったでしょうが。
今年に入り、二度と同じ失敗を繰り返すまい、と大手振袖店の動向を調査したところ、もう3月からカタログ発送を始めるという情報を得た。ということは、そのカタログに掲載されている振袖は2年以上も前のものになる。『それって本当に新作か?』という疑問が湧いてくる。
他店よりも先に先にと過熱した商いも、そろそろ改めていかないと、ダマし商法と同じになってしまう。しかし、遅れをとれば、当店の業績にもかかわってくる。困ったことです。
年々、広告の方法も、ITを駆使したりして激化している。人と人との関わりを大事にした本来の商いに戻さなくてはいけない時代に入ったのだと感じる。

ページの頭に戻る

第862号 2015年3月16日「卒業 No.3」

小学生男児の卒業式用羽織袴は、昨年より問い合わせがあったものの、注文には至らず、今年も商品の仕入れを見送るつもりでいました。
ところが、2月の末になって、昔からのお客様から問い合わせをいただきました。慌ててメーカーに問い合わせたところ、何とかギリギリ着用日に間に合わせてくださるとの返事をいただいたので、注文を受けることにしました。
本来は、遅くとも1月末くらいまでには発注して、用意しておかなくてはいけない商品なのですが、最近は、インターネットでの注文や電話での問い合わせが大半を占め、相手の顔が見えない分、仕入れるかどうかの決断に迷うことが本当に多いのです。
というのは、一般のお客様からの問い合わせだと思い込んで話していると、実は同業者からのものだったということが結構あるのです。一般客を装い、フリーダイヤルに掛けてくるのです。丁寧に教えたら、『ありがとう。』で終わりです。
昔でも、同業者に商品を貸したことはあります。でも、最初に名乗るのは当たり前のことで、理由を言って借りに来られましたし、問い合わせの場合でも、一般客のふりをして聞いてくるなんてことはありませんでした。フリーダイヤルを使って注文してきて、こちらがその商品を探し回っても入手できず、そのことを話すと、『やっぱり無いんだ。』との返事。こちらは、『はあっ?』です。そこで同業者からの問い合わせだったことに気づくのです。
自分で勉強して商品を知り、問屋やメーカーをチェックしてその商品を探し出すことで知識を深めていく。そうしなければ、何度でも、ただ聞くだけの対応になってしまいます。
そんなことは、もうそれこそ卒業してもらいたい。そう願う日々です。

ページの頭に戻る