トップ > きもの語り

「きもの語り」の記事一覧

第994号 2024年6月9日「古着売買について No.7」

私は昭和25年生まれだ。おばあちゃん子で、祖母から家業(着物屋)の話をよく聞かされた。戦中、戦後まもなくは、古…

第993号 2024年5月29日「古着売買について No.6」

長く着物業に従事していると、私が販売した着物を『買い取ってほしい』と言われることもある。とても悲しい気持ちにな…

第992号 2024年5月20日「古着売買について No.5」

昔、古着は質屋で購入するものだった。現代はインターネットの時代。一回着用したら、もうそれでよいとばかりに、振袖…

第991号 2024年5月9日「古着売買について No.4」

古着売買の成立には、値段や品質やサイズが大きく関わってくる。 売る側は、少しでも高値で売ろうとする。買う側は、…

第990号 2024年4月29日「古着売買について No.3」

昔の古着屋さんというのは、寺社の近くにあり、お祓いをした着物を売っていて、そういうお店から買ったものだ。お祓い…

第989号 2024年4月19日「古着売買について No.2」

私が正直屋で働くようになって48年が過ぎた。初めは、商品知識も乏しく、固定客のサポートなどできるはずもない。や…

第988号 2024年4月9日「古着売買について No.1」

着物買取の問い合わせが多い。以前にも書いたが、古着の売買には警察署の許可証が必要で、勝手に売買はできない。また…

第987号 2024年3月25日「卒業式」

ご予約のあった卒業袴の着付・ヘアメイク・写真撮りがようやく終わった。気の毒なことに、コロナやインフルエンザにか…

第986号 2024年1月5日「新年のご挨拶」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ このたびの能登半島地震により被害に遭われた方々、 被災され…

第985号 2023年9月25日「感謝」

振袖21グループの理事長を15年間やらせていただいた。初代理事長となるのだが、何もできない私が、これだけ長くや…

ページの頭に戻る
1 / 4712345...102030...最後 »