第867号 2015年5月11日「テレアポ No.5」

8679.11の再来か?それともハイジャック?最近、また恐ろしい事件(事故?)が起きた。
他人を巻き込むテロ行為は、まったく関係のない人の人生を奪い取ってしまう。やりきれないことだ。オレオレ詐欺で騙されてしまった人も同じだ。
テレアポをしていると、昔のような返事が来ない。まず名前を言わない。声が小さい。こちらが名乗ると対応が変わる人もあるが、以前のような返事が返ってくるのは商売屋くらい。防衛反応から、そんな対応になってしまうのだろうか?あまりより気分ではないが、こちらも勝手に、それも一方的に電話をしているのだから、相手がどう対応しようが、それについてとやかく言える立場にはない。
『新成人の方々に、振袖のことでお電話させていただいていますが・・・』
『勝手にしたら・・・』ガチャン!の人もある。
『どこで電話番号を調べたんだ?』このようなやり取りは何度もしているので素早く対応できる。
中には、とても18歳・19歳とは思えない口調で対応されるお嬢さんもいる。そのように育てた我々親世代が悪いのだが、これにはさすがに閉口する。
お客様側の立場と売る側の立場は、まったく反対なのだからお客様に喜ばれる対応をしなくてはいけない。売る側の人間が、そうでない対応をしたら・・・?
今は、『若い人は・・・』と注意するのではなく、褒めて育てる時代だ。どんどん褒めなさいということか?『おい!ハイジャック犯を褒めろというのか!?』これは極端な話。
わからんことが世の中いっぱい。

ページの頭に戻る