第811号 2014年5月9日「足袋 No.4」

811ずいぶん前になるが、山本寛斎(カンサイ)が作った足袋を履いていたことがあった。
当時、取引していたIという問屋さんが発注した商品で、ブーツのように膝(ひざ)近くまである、紐で結ぶ長いタイプの品から、3枚くらいコハゼのついた短いタイプの品まで、種類もたくさんあった。白地のサラシ裏や、黒の繻子(しゅす)が主流になりつつあった時代に、濃紺色を本草木染で染めた、厚地の商品だった。
オシャレなところが、個人的には好きだったので、最終的に残った24cmから25cmのすべての商品を引き取り、いろいろ楽しんだ。50歳前後の頃だったと思う。
カンサイの品では、袴も購入し、着用した。馬乗(うまのり)袴で、生地は確かウールだったと思う。私は面白がって着用していたが、他人からは、やめた方がいいと言われ、いつの間にか着なくなってしまった。いつか、また、取り出して着てみようと思う。
足袋にも、いろいろな品がある。現代は、ネルもベッチンもあまり履いている人はいない。着物好きの方には、足元のオシャレとして、面白い品々を楽しんでほしいと思う。

ページの頭に戻る