第648号 2012年7月30日「暑中お見舞い申し上げます」

いつの間にか梅雨明けし、子ども達も夏休みに入り、また、朝のラジオ体操がにぎやかになった。この時間になると、親子連れの明るい声がする。
私の子どもの頃は、朝起きるのが苦手で、ラジオ体操の記録印も半分くらいしか貯まらず、全日出席の人たちと比べると、後日もらえたプレゼントも少なかった。早起きして運動することは、身体にとてもよいということはわかっていても、なかなか続かないものだ。私も、雨の日や飲みすぎた次の日は出掛けたくないこともあり、何度も挫折しそうになった。これを止めたらそれこそ病める身体が一層悪くなるばかりと思い、また始めたりして何とか続けている。
『おじさん!』と子ども達から言われる言葉はまだ我慢できるけど『おじいさん!』はイヤだなぁと思う。いつかそんな呼びかけが多くなるだろう。
先日、ドラッグストアでシャンプーするだけで髪の毛が黒く染まるという商品を見つけ買ってみた。『本当に黒くなるのかな?』と思いながら毎日洗っている。短髪だから染まるのも時間がかかるのかな・・・?
暑い日が続きます。お体をおいたわりください。

ページの頭に戻る