第533号 2011年5月17日「夏がきたら・・・」

533今年の夏のゆかたは、ポップティーンを中心に遊助(上地雄輔)のおしゃれなゆかた、そして竺仙、あとはプレタ(仕立上り)ゆかた1,000円販売で進めていく予定。ポップティーンのゆかたは明るくて可愛いよ。
『きもの離れ』と言われて久しい。確かに市場は年々小さくなってはいるが、ファッションの中でのきもの業界の地位は、世界の国々の人から見直されている。日本において、現代は洋服の文化になってしまったとはいえ、たかだが百数十年、それに対してきものは千年を越す歴史がある。我々業界の者がもっときものを着用することで、きもの文化が次代に継承されていくよう守っていかなくてはいけない。
夏はゆかたにお祭り、花火大会、ホタル観賞。若い女の子たちがゆかたを着用し、ファッションとして楽しんでくれるのは嬉しい。今年は大震災が起き、その影響で我々日本人は節約の大切さを痛感している。暑い夏、節電をしながらゆかた姿で過ごし、昔の生活に思いを馳(は)せる一日もいいかもしれません。

ページの頭に戻る